赤ちゃんの眉毛が薄いのは今だけ?新生児なくても生えてくるか心配

生まれたばかりの赤ちゃん。

眉毛が薄い、むしろ毛が無いのでは?

このまま成長しても薄いままなのかな…これからちゃんと生えてくるれるのかな…

と心配になっているパパさん・ママさんもいらっしゃると思います。

薄いのとは逆に眉毛が濃い赤ちゃんや眉毛が繋がっている赤ちゃんもいますよね。

今回は、赤ちゃんの眉毛についてお伝えします。

周りの子と比べるとうちの子は眉毛が薄い…

なにかの病気だったらどうしよう…と心配になってしまいますよね。

このような赤ちゃんの眉毛を含めた産毛は、生え変わりの時期があります。

心配しなくても、半年ほど経てば少しずつ毛が生えたり増えたりして、3歳のぐらいになるとほかの子とほとんど変わらないの眉毛の濃さになるのです。

スクリーンショット 2016-08-20 17.26.07

また、眉毛の他に髪の毛が抜けて落ちて薄くなり悩んでる方もいませんか。

赤ちゃんには髪の毛もまた、生え変わるのです。少しご紹介します。

「新生児生理的脱毛」

まずはじめに起こるのが「新生児生理的脱毛」

早い子は生まれてから1・2週間後、遅くても半年で髪の毛が一斉に休止期に入り、抜け落ち始め、髪の毛が薄くなってしまいます。

一斉に抜けるので、びっくりされるママも多いですが、新しく丈夫な髪の毛を作るための最初の大事な工程ですので、心配はいりません。

「乳児期後頭部脱毛」

その他にも「乳児期後頭部脱毛」

こちらは生まれてからだいたい2〜6ヶ月頃に起こります。

枕などの摩擦により、髪の毛が抜けて薄くなります。

首が座ってくると抜けることもなくなりますが、気になる方は摩擦が少ない枕などに変えてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんは基本的には毛が薄いのが当たり前です。

成長するにつれ生えてくるので、元々薄かったり、抜け毛が多くなり薄くなってきた場合は心配しなくても大丈夫ですよ。

どうしても気になる、心配という方は一度お医者さんに相談してみましょう。

赤ちゃんの産毛の意味

スクリーンショット 2016-08-20 17.32.23

薄いのとは逆に濃くて心配な方もいらっしゃると思います。

大人になってもずっとこのままだったらどうしよう…

と少し心配になってしまいますよね。

薄い産毛、濃い産毛、このような赤ちゃんの産毛の意味をみなさんはご存じですか?

生まれた時に赤ちゃんと一緒に白い油のようなものが出てきますよね。

胎脂(たいし)といいます。

胎脂は赤ちゃんのお肌を色んな刺激から守ってくれる役割をしています。

赤ちゃんの産毛は、その胎脂が体から剥がれないように生えているのです。

胎脂は生まれたら必要なくなり、胎脂を剥がれないように生えていた産毛もいらなくなります。

よって産毛が濃くて心配だった赤ちゃんも、産毛が抜け落ちて薄くなってくるのです。

濃い眉毛で悩んでいるからといって、赤ちゃんの眉毛をゴシゴシ毛擦ってみたり、電気シェーバーなどで剃ったりするのは絶対にやめてください

気にしなくてもこのように自然に抜けるので、なにもしないであげてくださいね。

他にも気になること

また他にも、ステロイド剤の影響で毛が濃くなることがあります。

乳児湿疹などの時に処方されるのがステロイドの入った軟膏。

そのステロイド剤に多毛、という副作用があります。

ステロイド剤を塗ってから急に毛が濃くなったと不安に感じる方は、お医者さんにご相談してみてください。

 

また、眉毛がつながっている赤ちゃんもいると思います。

赤ちゃんの頃には繋がっている眉毛も可愛らしくて愛らしいですが、このまま大人になるのはちょっと…

そんな繋がっている眉毛も大丈夫です。

濃い眉毛と一緒で、だんだん抜けていきます。

ゴシゴシしたり、シェーバーを使ったりしないでくださいね。

まとめ

赤ちゃんの眉毛も、大人と一緒で濃かったり、薄かったりさまざまです。

これから成長して変化していく赤ちゃん。

今が濃すぎる、薄すぎるからといって大人が手を加えてはいけません。

心配をしなくても大丈夫です。

すくすく成長してる赤ちゃんを大事に育ててくださいね。

 

ある程度成長しても薄いままだというお子さんには眉毛を育てる「眉育」をオススメします。

最近では芸能人や人気モデルもブログなどで「眉育」について書かれている方も増えています。

お子さんと一緒にお母さんも美容のために一緒に取り組んでみては?

詳しくはこちらの記事をどうそ!