【メンズ】眉毛が太い!剃り方や整え方は?

目元で初対面の相手の自分に対する第一印象がほとんど決まってしまいます。

その目元でも重要なのが眉毛です。

眉毛を剃って整えるのと整えないのではかなりの差があります。

しかし、これまで眉を自分でカットしたことがないなど、慣れていない人が自分で眉毛を剃ると、左右非対称になってしまったり、剃り過ぎに気づかずいつの間にか眉毛がほとんどなくなってしまったということがあります。

自分でうまくできない場合は、眉のカットをしてくれるサロンや美容品・理容院に行くことも手段の一つです。

また、普段やり慣れている人であっても、完全自己流なので、毎回違った形に完成してしまうということがあると思います。

今回は、そんな眉毛の整え方・コツをご紹介します。

準備するもの

【眉毛用のはさみ】

眉毛をカットしやすいように先端がカーブしている専用のはさみ。100均や薬局などで簡単に手にすることができます。

【眉毛シェーバー】

これはあれば便利というだけで、なくても問題はありません。

このシェーバーはバリカンのように一気に、かつ簡単に眉毛を整えることが可能です。

いくつか専用のカバーがあり、自分の好みの長さに調節することができます。

最初は、長めに全体をカットして、最後に専用のはさみや毛抜きで整えると、とても綺麗に仕上げることができます。

【毛抜き】

こちらも100均で簡単に買うことができ、薬局だと、はさみとセットでいいものが買えます。

先端が斜めになっているものがおすすめです。

斜めになっているものだと、細かい毛を簡単につまんで微調整をすることができるからです。

【眉毛コーム(くし)】

眉毛は以外といろいろな方向に乱れているので、カットする前にコームで流れを整えるとケアがしやすいです。

カットするときのコツ

眉毛のカットで失敗する人は、やり過ぎが主な原因だと思います。

まずはベストな眉毛の形をイメージする必要があります。

ネットでは理想の眉毛のイメージなどがゴロゴロ載っているので、それを参考にしましょう。

また、お気に入りの俳優さんの写真を見て理想の眉毛をイメージするのも良いと思います。

  1. 毛の長さを揃える

まずは長い毛を切って全体的に長さを揃えます。コームで流れに逆らうように毛をすくい上げてカットします。

  1. 抜く・剃る

はさみでカットするのは、長さを調整する時だけです。

次は、眉間や眉尻など散らかっている部分を剃って、剃っても若干残ってしまう毛は抜きます。

  1. じっくり時間をかける

面倒くさがらずに慎重に行いましょう。

じっくり時間をかけても問題ないです。

左右で眉毛の見え方が異なる場合は、できるだけ左右の差がなくなるように考えながら調整していきます。

少しやったら、左右全体をチェックそしてまた整えるの流れを意識しましょう。

少しやり過ぎてしまった場合

薄くなりすぎた部分や、抜きすぎてしまった部分はまた生えてくるのに多くの時間がかかります。

その場合は、少しだけアイブロウペンシルなどで書き足すことでかっこよく見えます。

色は真っ黒よりも、眉や髪の毛の色に合わせるのが良いです。

最後に

眉毛のカットの仕方とコツをご紹介しましたが、いかがでしたか。

男性も女性もそうですが、眉毛を整えるだけでその人の印象はガラリと変わってしまいます。

ぼさぼさの眉毛より綺麗に整っている眉毛の人の方が清潔感を感じますよね。

うまくできない場合や、イメージしていた理想形と異なる場合は、動画を見てみるのも良いと思います。

Youtubeであれば、男性向けの眉毛カットを紹介している動画も多くあります。

また、美容院やサロンに行っても、500円程度なので、自分でやるのは面倒くさいし、綺麗にできないという人は、美容師の方に任せてもいいかもしれません。