【眉毛 脱色】エピラットのやり方は?敏感肌用もあり!値段は?

脱色剤「エピラット」は、自分で眉毛の脱色ができて、敏感肌用もあり、価格も手頃で人気です。

最近のオルチャンメイクなど眉ブームは、韓国発症で、日本でも定着していますが、眉メイクが面倒で、眉毛の脱色(ブリーチ)に関心を持つ方も多いと思います。

今回は、人気の眉毛脱色剤「エピラット」の正しい使い方や、種類、値段などについてまとめました。

ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

眉毛の脱毛剤 エピラット

オルチャンメイクでも特徴的なのが眉毛ですが、眉毛を頭髪よりも明るい色にすると、顔が明るく見えるという事で、自眉を明るいブラウンカラーなどにしたい方も多いと思います。

しかし、眉毛が黒いと、眉マスカラが必要で、うまく塗らないとムラになったりしますので、意外と手間やコストがかかります。

そんな中、エピラットを使用すれば、手軽にセルフ脱色できて、毎回のように眉マスカラなどを使用しなくても済みます。

元々、腕や足などの脱毛剤として販売されており、大手のドラッグストア、ネットショップなどで手軽に購入できます。

バレリーナのイラストの外箱がおなじみの、昔からの定番商品です。

敏感肌用も人気です。

エピラッドで眉脱色(ブリーチ)するやり方

まず、手指と顔をきれいに洗って、ワセリンなど、肌を保護するクリームを塗ります。

次にブリーチ剤を混ぜてヘラに少し取り、眉毛に塗ります。

様々な角度から眉毛の根元に塗っていきます。

最後は眉に多めに乗せて、ラップでふんわりとふたをして、10分ほど待ちます。

その後、水で湿らせたコットンなどでクリームを拭いて、最後に、クリームで保湿して終了です。

注意点

最初から色が抜けすぎるのが不安な方は5分ほどでやめるのも可能です。

また、液が目に入らないように注意しながら行ってみてください。

ほとんどの場合、かゆみやピリピリ感が少しあり、肌が弱い方は荒れてしまう事もあります。

これよりも異常を感じたら使用を中止しましょう。

パッチテストが必要で、眉近くの肌に少量乗せて、10分待ち、異常がないか確認してから利用するのがオススメです。

色を確認し、色がまだ思ったように抜けていない場合は、翌日以降に同じことを繰り返します。

エピラッド 種類・価格など

エピラットはクラシエ社が販売しており、価格は、740円程度です。

他社の脱色クリームより、安く、脱色に時間がかかりますが、持続性は高く、敏感肌用もあり、人気です。

【口コミ】

眉毛の脱色につかってます!

眉毛の色が抜けると顔が変わって見える★

眉毛の脱色に使っています。

垂れてこないので、使いやすいし、
開封後とっておけるので経済的。

女性なのに、こち亀の両さんみたいな濃い眉で悩んでいましたが
これで脱色すると、かなりマシになりましたよ。

ただ、放置時間はけっこうかかりますので
少しずつ様子を見ながら自分向けの時間を見つけると良いです。

久々、眉毛脱色しました~!!

脱色中の顔やばすぎっ

眉毛の色変わるだけで雰囲気かわるわっ♬

おわりに

エピラットは、定番の脱色クリームで、本来は腕、足用として人気の商品です。

価格も安く、持続性があり、敏感肌用は刺激が少なく、オススメです。

脱色は、体調が良く、時間にゆとりがあるときにしてみてくださいね。

ぜひ、脱色して、新鮮な気分でメイクを楽しまれてはいかがでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エピラット 脱色クリーム A液60g+B液60g
価格:997円(税込、送料別) (2016/12/30時点)