女性男性型脱毛症とは何?(FAGA)原因や特徴について

女性男性型脱毛症という少々複雑な名前の薄毛の症状。

まず男性の薄毛の原因の多くが『男性型脱毛症(AGA)』と言われています。

男性ホルモンが大きく影響している脱毛症で女性にも起こるのです。

区別するために女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれているのです。

FAGAの原因

大きく関わっているのが男性ホルモン。

AGAは男性ホルモンと5aリダクターゼが結合してジヒドロテストステロンという発毛阻害因子へと変化します。

これが毛母細胞の中に入るとヘアサイクルが乱れ髪が成長する前に抜けて薄毛の原因となるのです。

 

女性も少なからず男性ホルモンが存在しています。

普段は女性ホルモンにその働きを抑えられていますが、生活習慣やストレス、加齢などによって女性ホルモンが減少していくと男性ホルモンの影響によって薄毛になっていくのです。

 

FAGAの特徴

男性と女性では特徴が違います。

男性の場合、髪の生え際が禿げ上がってきたり頭頂部など局所的に髪が抜けてくるのが特徴なのに比べ、女性は髪のコシやボリュームがなくなって全体的に薄毛になる傾向があります。

そしてAGAは放っておくと進行していき髪の毛が抜け続けるのですが、FAGAは違います。

これには女性ホルモンのエストロゲンが髪の毛を育てる働きをするからです。

また、エストロゲンによって髪が生え変わるサイクルも長くなるので薄毛の進行も緩やかなのです。

FAGAの対策

女性ホルモンの減少が原因で起こるFAGA。

20代30代はストレスや生活習慣、40代以降は加齢によって女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。

ホルモンバランスを整えるために、規則正しい生活を心がけたりストレスを溜めないように気をつけたり大豆イソフラボンプラセンタなど女性ホルモンを整えてくれるものを摂取するなども必要になってきます。

⇒女性ホルモンを増やす食品

女性の薄毛(はげ)の原因と防止する対策!治す方法は?

2016.01.17