抜け毛対策や薄毛・ハゲの女性にオススメなシャンプーは?

抜け毛対策として重要になってくるのはシャンプーの前に、洗髪方法です。

ここで正しい髪の洗い方を復習しましょう。

正しい髪の洗い方

まず入浴前にブラッシングします。

シャンプーの前に髪をしっかり濡らしましょう。

シャンプーは直に髪につけず、手のひらで泡立てます。

指先を使って頭皮をマッサージしながら洗い、すすぎはしっかりしましょう。

 

頭皮へのマッサージは抜け毛対策でかなり有効的です。

良い刺激になるのでシャンプーするときは欠かさない習慣にすると良いです。

頭皮を傷つけないように爪を立てず、生え際から地肌を指圧しましょう。

選ぶポイントは?

抜け毛に良いとされるシャンプーはいろいろと見受けられますが、成分表は必ず確認してください。

まず最も髪にダメージを与えるシャンプーの成分はラウリル硫酸Naやラウリル硫酸カリウム、ラウレス硫酸Naなど、ラウリムと硫酸とラウレスの三つのキーワードを含んだシャンプーです。
成分表は書いてある順番で含まれている成分量がわかりますので、なるべくこれらを含まないシャンプー、もしくは少ないシャンプーを選んだ方が賢明です。

なぜかと言うと、これらの成分は洗浄力が強すぎるので頭皮や髪に残りがちなうえに必要な油分まで奪ってしまいます。

 

パーマやカラーで傷んでいた髪ならば余計に、髪を保護するキューティクルが剥がれてしまいます。

そしてパーマやカラーを無効にするデメリットも指摘されています。

抜け毛対策にいい成分

では逆に抜け毛対策に良い成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

コストは高くなりますが、植物性由来のものが良いと言われています。

たとえばカンゾウ根エキスやヘンナ葉エキスなどは、カンゾウ根自体が育毛剤にも含まれている漢方成分です。

 

しかし泡立ちは悪いです。

それは成分にラウリムと硫酸とラウレスの三つのキーワードが入っていないからです。

いままでこれらの成分の入ったシャンプーを無意識に使っていた方には物足りないほど泡立ちは少ないです。
成分表を見て、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルアスパラギン酸Naこれらが入っているシャンプーは刺激が弱く安全性の高い洗浄成分だと言えます。

 

 

ほかにグリセンが含まれていると保湿力を意味します。
泡立ちが少ないために髪の毛をすすぐときはそれほど神経質にならなくても良いです。

しかしこのときもシャンプーをするときは前述した指の先で指圧するようにマッサージすることは心がけましょう。
髪に良いシャンプーは洗浄力が少ないので、できるだけ毎日2回は洗った方がいいです。

くみこ
脱毛に効くシャンプーというものはありませんが、刺激のない髪に良いシャンプーを使う事をおすすめいたします。

シャンプーでの抜け毛の本数は1日平均どのくらい?

2016.02.18