シャンプーでの抜け毛の本数は1日平均どのくらい?

抜け毛がいちばん気になるのはシャンプー時の脱毛ではないでしょうか。

シャンプーをしている最中やシャワーで流すときに排水溝にたまる髪の毛に不安を覚える方も多いはずです。

シャンプーはしないほうがいいの?

シャンプーの回数を減らして、抜け毛が防げるのではと考えられる方もいると思いますが、それはより環境を劣化させます。

頭皮にたまった油脂が毛穴に詰まって今度は正常な発毛が行われなくなります。

そしてフケが増えることで頭皮に炎症ができてしまいます。頭皮を清潔にすることは大前提です。
逆に何度もシャンプーすることもよくありません。

頭皮に必要な皮脂を落とし過ぎて、防御作用が働き油脂の分泌が促進されてしまいます。

これもまた発毛の邪魔になります。

抜け毛対策や薄毛・ハゲの女性にオススメなシャンプーは?

2016.02.18

1日に抜ける本数とタイミング

1日に抜けるとされる髪の毛の100-200本のうちの5割から7割が入浴中と言われています。

よって個人差はありますが、おおよそ50-100本はシャンプー中に抜けてしまいます。

 

しかしこれは正常の範疇です。

人によっては140本抜ける人もいます。

 

 

抜け毛はヘアサイクルの一部です。

その分、新しい髪は生まれています。

シャンプー中の抜け毛の本数を気にするよりも、抜け毛がなぜ増えたのかに着目しましょう。

抜け毛が目に留まるのは洗髪時と起床時です。

女性の薄毛(はげ)の原因と防止する対策!治す方法は?

2016.01.17

抜け毛の原因を知る

まず抜け毛の状態をじっくりと観察してみましょう。

柔らかく細い毛ではないですか。

短い毛や切れ毛ではないですか。

毛根が丸くなく歪だったり、油脂や汚れが目立ちませんか。
このような抜け毛は正常な脱毛ではなく、髪の栄養不足が考えられます。

その場合は原因が頭皮への血行不良や生活の乱れがほとんどとされています。

 

ほかにもドライヤーを使っているときにも髪の毛は抜けます。

これはドライヤーを使っているから抜けるのではなく、洗髪時に抜けていた髪が落ちるだけです。

ゆえにドライヤー使用時の抜け毛もシャンプーのときの脱毛です。

 

もちろんドライヤーの熱風を頭皮にあて続けたりした場合はその限りではありません。
確認のためにシャンプー後の髪を乾かす方法をご案内します。

洗髪後の温もりがある頭皮が冷えると血行が悪くなるので自然乾燥よりはタオルドライをしてドライヤーを使って素早く乾かすことをおすすめいたします。

 

他にも起き抜けの枕に落ちている髪の毛も恐怖を覚えますが、だいたい10本程度は正常です。

肝心なのは抜け毛の数より、その髪質に注目してください。
そしてヘアサイクルを正常に戻すことを心がけましょう。

毛髪のヘアサイクルとは?正常に戻すことが薄毛予防に!

2016.02.17