産後の抜け毛にどんな栄養を摂取するといいの?

出産後の抜け毛の原因は女性ホルモンが変化することで起こります。

産後に抜け毛が増えるメカニズム

妊娠中には女性ホルモンの黄体ホルモンと卵胞ホルモンが増加します。

妊娠中はこれらの分泌が増加する影響から、妊娠前では抜けているはずの髪の毛の根っこを抜けにくくする働きがあります。
妊娠前のヘアサイクルは一定の周期で髪は生え変わります。

しかし妊娠するとこのサイクルが変わります。

 

髪が生えている状態が続き、かつ抜けにくい現象が起こります。
ゆえに妊娠中には髪の量が増えたり、毛深くなってしまう妊婦は少なくありません。
出産後に女性ホルモンの量は急激に妊娠前の身体に戻っていきます。

産後の1-2か月は妊娠したことによって増加した血液の中に女性ホルモンが蓄積されているので、目減りするように少しずつ減少して行く状態になります。
しかし産後2か月を過ぎると蓄積されていた女性ホルモンが減ります。

 

そのため今まで女性ホルモンで抜けなかった髪がどんどん抜けます。
妊娠前と出産後で髪の量が極端に変わってはいないのですが、通常のヘアサイクルで抜ける髪と同時に抜けるので出産後の抜け毛が気になってしまいます。

出産後の抜け毛はホルモンバランスによって起こりますが母乳を与えることから栄養不足も考えられます。

女性ホルモンの増やし方!食べ物・飲み物編

2016.02.22

女性ホルモンの増やし方!ツボやアロマが効果的

2016.02.22

産後の抜け毛はいつまで続くの?

しかしいつまでも髪が抜け続けるわけではありません。

ヘアサイクルが正常に戻り、個人差はありますが早くて出産後6カ月から時間がかかる人でも出産後1年くらいで髪は生えそろいます。

 

中には自然回復せず、1年経っても抜け毛が続いたりストレスからの円形脱毛症になる方もいます。

その場合は皮膚科か女性専用頭髪外来を受診しましょう。
女性ホルモン以外にも出産後の抜け毛の原因があります。

 

慣れない育児からのストレスや不眠など複数の要因から抜け毛が増加する可能性もあります。

ストレスや不眠はひとりで抱え込まず、夫やご両親を頼りましょう。

髪に効果的な栄養素

髪に良い栄養素と言えばタンパク質です。

大豆、肉、卵に含まれているタンパク質は髪の原料です。

とくに大豆に含まれているイソフラボンというポリフェノールは女性ホルモンに似た働きをします。

髪の成長を促進します。納豆や豆腐を積極的に食べましょう。豆乳を飲むことも有効です。
他にもビタミンBは豚肉、レバー、魚に多く含まれています。

これらは頭皮の環境を整えてタンパク質と融合して髪を作ります。

代謝効果もあるので髪が生えやすくなります。

髪の主成分であるケラチンはこのビタミンがないと作られないのでとても大事な栄養素となります。

 

 

わかめやひじきが元のミネラルは髪を育て、貝類に含まれる亜鉛やほうれん草やレバーに内包する鉄には髪を健康的にする働きがあります。

髪に良い食材はさまざまありますが、バランスと適量を心がけて摂取しましょう。

女性の薄毛・抜け毛・びまん性脱毛症にいい食べ物や食品は?

2016.02.22