女性の薄毛・抜け毛・びまん性脱毛症にいい食べ物や食品は?

女性の薄毛や抜け毛、びまん性脱毛症は食品から改善することができます。
食べ物は身体はもちろん髪にまで影響を与えます。
バランスの良い食生活を送っている方は頭皮や髪の毛の状態が良いです。
逆に不摂生な食生活を送っている方は栄養が偏り、皮脂が過剰分泌したり、血行不良から髪の成長を妨げてしまいます。

髪に良い食べ物とは

食べ物は髪や頭皮にとって重要なものです。
髪や頭皮の健康を維持するタンパク質とミネラルを摂取するにはしらすが有効です。
18種類のアミノ酸が結合して作られたタンパク質のケラチンを多く含みます。

つぎに畑の肉と呼ばれるほどタンパク質が豊富な大豆ビタミンBを多く含んでいます。
きな粉は牛乳に溶かして飲むと薄毛予防になります。
できれば毎日飲みましょう。

 
大豆は納豆や豆腐でもあるので、こちらも朝食の一品に加えたりして毎日食べた方が良いでしょう。
実は最強食品の海苔ミネラルが豊富でタンパク質の量も多く、薄毛対策には絶対におすすめです。
地味な存在ですが、効果は抜群です。ごはんのお供に焼き海苔を食べましょう。
しらすに多く含まれると前述したケラチンを再合成して髪を作るために必要な亜鉛が豊富な食材は豚肉と意外なものが牡蠣です。

 
豚肉にはタンパク質も多く含まれているので、髪の成長や薄毛改善に欠かせません。
また牛肉よりカロリーも低いうえにスタミナ食なので肉を調理するときはできるだけ豚肉を使った方が良いでしょう。

また牡蠣にはレモンをかけて食べるとビタミンCが亜鉛の吸収を高めます。時季の牡蠣は薄毛対策に積極的に取り入れましょう。

ぴよ
牡蠣好きすぎて30個食べたことある♪
貧血予防だけじゃない、薄毛予防にもなるレバー鉄分などのミネラルが豊富でビタミンBも包括しています。
髪だけではなく頭皮の育成に影響を与えます。
タンパク質と言えば卵ですが、卵にはタンパク質以外にも髪を生成するために必要な亜鉛をも多く含んでいます。

 
卵を1日2個食べるようにすると薄毛対策になります。
白米より玄米を食べると頭皮の活性化につながります。
玄米はミネラルが豊富でビタミンBも含まれています。
頭皮の新陳代謝を促進すると言われています。

 
緑黄色野菜には頭皮の皮脂の分泌を正常にキープするためのビタミンBが含まれています。
カロチンなどの栄養素もあるため、髪や頭皮の環境を正常な状態に戻す機能をします。
食物繊維も摂取できるので身体にはもちろん美肌効果もあります。
比較的安価で庶民の味方、海の幸いわしはビタミンBが豊富で頭皮の細胞活性化や皮脂の分泌を抑える効能があります。
DHAが豊富なことで有名な魚ですが、薄毛対策にも食卓に迎えるべき食材です。

産後の抜け毛にどんな栄養を摂取するといいの?

2016.02.18

髪に悪い食べ物とは

では逆に女性の薄毛、抜け毛やびまん性脱毛症に悪いとされている食品をご紹介します。
まず外食やコンビニ弁当などで好きなものばかりを選ぶ偏った食生活で薄毛は治りません。
健康を考えてお弁当を作ることから薄毛対策を意識しましょう。
肉食で野菜を食べない方はほとんど野菜が嫌いという理由が多いです。
肉にも髪に必要な成分を含んでいますが、それが過剰だと油脂が多くなり頭皮の環境が悪化して薄毛の原因になります。

 

野菜嫌いな方はまず野菜ジュースからトライして、克服して行きましょう。
サプリメントより食材から摂取する栄養素の方がより効果があります。
魚を食べない方は魚から摂取すべきたんぱく質やビタミンBが取れません。
前述していますが食事はバランスを考えて摂らなければ薄毛へとつながってしまいます。

 

魚が嫌いな方は魚肉ソーセージから挑戦しましょう。
このように食べ物から薄毛対策は講じることができます。

今一度、ご自分の好き嫌いや食生活を見直してみましょう。

くみこ
偏食はよくないんですね。バランスを心がけよう!

女性の薄毛はいつから気になる?育毛剤を使い始めるタイミング

2016.03.08