女性の薄毛・はげと飲酒(アルコール)の関係は?

薄毛と嗜好品(タバコ、お酒)の因果関係を紐解いてみました。
とくに薄毛にはお酒の影響が大です。

嗜好品と髪の関係

酒は百薬の長と言う言葉があります。
同じ嗜好品でも最近では分煙ではなく全席禁煙が増えてきたタバコは、髪にも悪影響を与えます。
タバコで血管は萎縮し、髪に栄養を運ぶ血液の流れを悪化させて薄毛の誘因となります。
では百薬の長は逆に血行を良くすると思われがちですが、実は飲酒も薄毛の原因となるのです。

お酒と薄毛について

お酒を飲むと身体はアルコールを分解します。
それは誰もが知っていることでしょう。

肝臓がその役割を果たします。
肝臓で分解されたアルコールはアセトアルデヒドという毒性の物質を生成します。
アセトアルデヒドは解毒され最終的には酢酸という無害な物質になります。
この一連の過程で大量のアミノ酸やビタミンを消費しています。

 

アミノ酸は髪にコシやハリを増強させるシステインやメチオニンというたんぱく質を含んでいます。
その他にビタミンBや亜鉛などの栄養素は髪にとって重要なものです。
アルコールを分解する際に髪の育成に必要な栄養素が消費され、間接的しろそれらは薄毛の原因につながります。

くみこ
お酒が薄毛の原因になるなんて知らなかった!

中でも亜鉛が奪われてしまうと髪には大きなダメージとなります。
毛母細胞の活性化に関わる栄養素だからです。
亜鉛という物質は味覚に作用したり、皮膚や粘膜の健康維持を助力し、タンパク質や核酸の代謝にも関与しています。
亜鉛不足で薄毛は加速すると言っても過言ではありません。

 

大量にお酒を飲むとアセトアルデヒドの分解が間に合いません。
アセトアルデヒドは睡眠を妨げる弊害があり、睡眠時に分泌される成長ホルモンに影響を与えます。
また血中に流れたアセトアルデヒドはジヒドロテストロンを増加させます。
このジヒドロテストロンが脱毛を促す男性ホルモンです。
お酒が薄毛の原因とされる最大の所以はこの物質の増加です。

女性男性型脱毛症とは何?(FAGA)原因や特徴について

2016.02.07

お酒はほどほどに

お酒にはほかにも害悪があります。
肝臓に負担がかかると自律神経が乱れ、血行不良を引き起こします。
またアルコールには糖質がたくさん含まれているため、頭皮の皮脂が過剰に分泌して毛穴を塞ぐことまでわかっています。
この糖質とは、血中に流れた糖が脂肪になり、いわゆる脂肪肝などで起こります。
お酒好きな方は糖分を必要摂取以上になっている場合があるので注意しましょう。

ぴよ
何事もほどほどだね。

お酒が薄毛の原因になることは証明できたと思います。
たしなむ程度なら問題はありませんが、多量のアルコールは薄毛につながります。
普段お酒を飲み過ぎる方は節制することで薄毛対策や育毛にも対応できます。

女性の薄毛(はげ)の原因と防止する対策!治す方法は?

2016.01.17