頭がかゆい!冬の頭皮の乾燥やフケの対策

加湿器が活躍する冬。手や顔の皮膚と同じように、頭皮も乾燥します。
そのかゆみやフケの対策はどうのようにすればいいのでしょうか。

冬に頭がかゆくなるのはなぜでしょう

冬になると空気が乾燥します。
皮膚も同じように乾燥するとかゆみを伴います。
頭皮も潤いがなくなって皮膚の保湿機能を失います。
同じ理由で夏とは違い冬の髪は汚れが少ないのに、シャンプーのしすぎから頭皮を乾燥させます。
そして皮膚を保護するために皮脂分泌が異常になります。
その過剰となった皮脂が毛穴を詰まらせて頭皮の環境を悪化させます。
とくにフケが出てくると頭皮に炎症を起こしている可能性があります。

ぴよ
原因はストレスかも?

つぎに頭がかゆくなることで考えられる理由はストレスです。
疲れが蓄積されるとそのストレスが湿疹となって頭皮に現れます。

 
IMG_9977冬はとくに、一年の終わりで始まりでもあります。
ビジネスもプライベートも、もっとも忙しい季節と言っていいでしょう。
その暮らしのなかで疲労がたまり、疲れはピークに至ります。
頭皮に湿疹ができる過程は、頭皮の血行がわるくなり、かゆみを伴った湿疹ができてしまう、そして最悪は抜け毛になってしまうと言うプロセスです。

かゆみは我慢ができたとしても抜け毛は待ったなしです。
ストレスがたまるとかゆみ、そして抜け毛と頭皮や髪にとって良いことは万に一つもありません。

⇒ストレスでハゲるメカニズム

乾燥やフケの対策はどんなことがあるの?

フケやかゆみが生じた場合は炎症などのトラブルが頭皮に生じている状態です。
洗髪するときはとくに注意してすすぎの時間をかけ、シャンプーは刺激の少ないものを使ってください。
頭皮に爪をたてて洗うと必要な皮脂まで剥がれてしまいます。
その結果、頭皮の外部からの物理的刺激などを防ぐ機能が低下し、かゆみやフケが出てしまいます。

⇒シャンプーについて

くみこ
冬は髪のお手入れが違います。

とくに勘違いされがちですが、頭皮を清潔にすることは汚れや皮脂をとることではありません。
皮脂と角質が混ざって皮脂膜を作り、その皮脂膜は皮膚に潤いを与えます。
ドライヤーも頭皮にはダメージを与えます。
髪を乾かすときはタオルでしっかりと吸水し、ドライヤーをかける時間を短縮しましょう。

 

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_sそしてストレスの解消はまず、眠ることです。
寝ることで疲労は回復し、リセットしてまた新たな一日を送ることができます。
ほかにストレス解消や血行を良くするために適度な運動を取り入れたり、ユニークな方法では逆立ちも有効的です。
化学的な根拠はありませんが頭皮の血行の流れを良くするとしたら、逆立ちも理に適っているのかもしれません。
これは身体も鍛えられるので一石二鳥です。

フケがあるだけで不潔と思われてしまうのは損です。
気が付いたらすぐにこれらの情報からできることを試してみてください。

⇒頭皮の血行を良くする方法