女性の薄毛治療の費用の相場はどのくらい?保険は適用される?

薄毛治療に踏み切ろうとしたとき。
診てもらうのは皮膚科か女性薄毛外来、どちらにしよう?
賢い病院の見つけ方をご紹介します。

頭皮は皮膚科のテリトリーだけれど

抜け毛や薄毛で診てもらうならば、たとえば内科ではなく皮膚科になります。
しかし皮膚科でどんな治療が受けられるのか、効果はあるのか、これは口コミ情報を見ても有益なものは得られません。
薄毛専門外来へのリンクばかりです。
では皮膚科ではどんな治療ができるのでしょうか。

 

118164くみこの個人的な経験で、皮膚科を受診した理由から述べます。
不眠症で不規則な生活とちょうど家族を亡くしたショックでばっさりと髪が抜けてしまいました。
うつ状態だったので、お風呂に入ったり、食事をするという当たり前のことができないときでした。

 

 

洗っても頭皮はぼろぼろに剥がれてフケのようなもので不潔に見え、べたついた頭皮に薄い頭髪。
どこから見てもヤンデル感がたっぷりだったと思います。

皮膚科は県下で有名な病院だったので、薄毛の治療薬としてよく処方される悪評高きプロペシアの出番はなかったです。

 

 

診察してくださった先生は無意識に頭も掻いて傷だらけになっていた頭皮にべったりした塗り薬を、そして抜け毛の対策にフロジン外用液を処方されました。
このフロジン外用液は、皮膚の血行を良くして毛根が活発になり、脱毛の防止や発毛の促進に働く緑色の液体です。
塗ると刺激からか、ちょっと熱っぽいような温もりがあります。
一本使いきったところで全く効果が見られず、諦めたくみこの頭皮は今やばいことになっています。

 
かかったお金は、初診料、処方せん、診察、薬代を合わせて、国民保健の3割負担で2000円程度でした。
きちんと毎日を塗布するという生活ができれば良かったのですが、当時のくみこは生きることが精いっぱいで脱毛地帯に無感情でした。
今は鏡が見れない、むしろ怖い、帽子は必須とハゲ街道を歩んでいます。

くみこ
美容室で髪を切ってもらうのが苦痛です。鏡が見たくないし現実も見たくない。

では話を変えましょう。
皮膚科で効果が得られない場合はより高度な専門医による診察と投薬を考えなければなりません。
残念ながら保険適用外でお金もかかります。
くみこは地方在住なので都会まで出て行く手間や高額な治療費に一歩が踏み出せないです。

薄毛外来ってどんなところ?

前述しましたが女性薄毛外来は保険適用外になります。
初診料からお薬まで、すべて自己負担です。
病院によっては個別対応で他の患者と会うことなく診療を終えて帰れる配慮もされているようです。
きちんと質疑応答に答えてくれるカウンセラーがしっかり話を聞いてくれます。
そして何より薄毛治療の専門医が診察します。
投薬に際して、念のため血液検査を受ける必要があります。
効果が実感できるように、頭部の薄い部分を記念撮影。
これから増えて行くんです。
ここまででおよそ10,000円かかりました。

ぴよ
意外と安いと思われるでしょうが、ここからが本番です!

女性薄毛外来の相場

検査結果がわかるのはおよそ一週間。
来院し、いよいよ投薬が開始です。
二回目の再診では薬代がプラスされて、支払う金額はだいたい30,000円になります。
どこの病院でもお薬は一か月分の処方をするようです。

そして半年が経ったとします。
投薬や診療以外にもカウンセリングや育毛のための施術があります。
いちばん高額なところで、965,000円でした。
最安値は276,480円です。
いずれも育毛には成功してます。
地肌が見えていた方がふさふさになっています。

ですが、気軽にチャレンジ出来る料金ではありませんね・・・

少しでも費用を抑えて薄毛外来へ行きたい方はモニターになるという方法もあります。

⇒モニター無料のクリニックを調査!

賢い女性薄毛外来の選び方

IMG_7784
無料で電話相談も受けているので、疑問はすべて解決してから、足を運んでも遅くはありません。
病院によって価格にばらつきがありますが先述した提示金額は用意していないと行けない女性薄毛外来です。
薄毛や抜け毛は女性の命、髪の美しさを損なうことはもちろん、ボリュームがないだけで老けてさえ見えてしまいます。
すっと背筋が伸びて美しい髪のひとはきれいです。
和的な情緒とも言えます。
薄毛や抜け毛が気になったら、まずは安価な皮膚科から訊ねてみるのといいかもしれません。

⇒病院に行かずこっそり使える育毛剤とは?